タバスコオリーヴ

美容・健康をはじめマニアックな旬の話題をお届けしています。

デンタルフロス はジョンソン エンド ジョンソン◎

   

小さい頃、親からのしつけで

特に口酸っぱく言われ続けていたのが

歯磨きはちゃんとしなさいということ。

自分なりにはやっていたつもりなのだが

虫歯になったときに初めて気付く。

どれだけ中途半端に磨いていたかを。

虫歯の痛みはとにかくつらい。

親があれだけ言ってきたのもわかる。

だからある時期から、歯磨きはしっかりとやるようになった。

とくに気をつかっているのが

歯の隙間の汚れ除去。

これにはJohnson & Johnsonデンタルフロスを使っている。

各社からフロスはでているけれど、

ジョンソン エンド ジョンソンデザインもしかり

糸が強いところが嬉しい。

そんでそんで、

最近、同じシリーズの 「クリーンバースト スペアミント」 を試してみた。

スポンサードリンク

これ、当たりです!

さらに糸は強いし、歯にスッと入ってくてる。

なによりも、最後に口いっぱいにミントの爽快感が広がるのだ。

ミントも強すぎず弱すぎず、ちょうどいい。

正直、歯の掃除なんて面倒臭くて、大変ではあるけれど

それでもやっぱり、やらなければならないわけで。

そんな中でこんな、ちょっぴりだけれど、ハッピーな気分を味わえるのなら

ある意味、上手な時間の使い方だと思う。

それにしても、Johnson & Johnsonの商品って

大概かっこいいんだよなぁ。

 

 

スポンサードリンク

 - プチ贅沢 , , , ,